夏こそダイエットすべき!痩せるために身に付けておきたい基礎知識

夏は汗をかくから運動はしたくない、という方もいるのではないでしょうか。実は、夏こそダイエットをするべき時期なのです。ここでは、夏のダイエットがおすすめな理由と痩せるための基礎知識を紹介します。

ダイエットの基本

ダイエットの方法は、大きく次の2つに分類されます。

  • 食事で痩せる
  • 運動で痩せる
  • エステで痩せる

運動だけで痩せようとしても問題ありませんが、食事だけで痩せようとすると、リバウンドの可能性が高くなります。これには、「代謝」が関係しているのです。

代謝とは

代謝とは、栄養素やエネルギーが体内で物質を合成するために使用されたり、エネルギーとして使用されたりすることを指します。

この、代謝が良いということは、エネルギーが消費されやすいということです。代謝を良くしたうえで、カロリーの摂取量を抑え、運動で積極的にカロリーを消費させることで、効率良く痩せることができるのです。

食事だけで痩せようとした場合は、それだけカロリーの摂取量を大きく抑えなければなりません。すると、身体は飢餓状態になり、身体にエネルギーを溜め込もうとするようになるのです。つまり、代謝が非常に悪くなり、痩せにくくなります。

このような状態でダイエットを中止してしまうと、摂取したカロリーが脂肪に変わり、太ってしまうのです。いわゆる、これが「リバウンド」と呼ばれる現象です。

夏こそダイエットをするべき理由

代謝は、身体が温まっているときに良くなり、冷えているときに悪くなります。そのため、冬にダイエットをする場合、身体が冷えることで代謝が低下し、効率よく痩せることが難しくなります。それに対して夏は身体が温まりやすいので、代謝がよい状態をキープしやすいのです。

夏でも身体を冷やさないように注意しよう

夏であっても、冷房に長時間当たっていたり、かき氷や冷たいジュースなどを摂りすぎていたりすると、身体が冷えて代謝が低下してしまいます。自宅では、できるだけ冷房の設定温度を上げましょう。

仕事場の冷房で身体が冷える場合は、ひざ掛けなどで対策することをおすすめします。

夏に行いたい運動とは?

運動には、酸素を体内に取り込みながら行う有酸素運動と、酸素を取り込まずに行う無酸素運動があります。有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクス、ストレッチ、無酸素運動には激しい筋力トレーニングが該当します。

身体の脂肪は、有酸素運動を一定以上行うことで消費され始めます。ウォーキングの場合だと、約30分で脂肪が燃焼され始めるといわれています。また、筋力トレーニングもダイエットに必要です。筋力トレーニングで筋肉量を増やすことで、身体を維持するために消費されるエネルギーである「基礎代謝」がアップします。つまり、痩せやすい身体になるのです。

有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行いましょう。

汗をかく=カロリーを消費している?

夏に運動をすると、冬に運動するよりも早く汗をかきます。汗をかくことでたくさん運動した気になり、予定よりも早く運動をやめてしまう人もいますが、これはダイエットの失敗に繋がります。

そもそも、汗をかくのは、熱を放出するためです。体温が上がりすぎないようにするために汗をかくので、カロリー消費とは無関係なのです。ですから、十分に汗をかいたとしても、その日の運動のノルマはしっかりと達成しなければなりません。

こまめに水分補給をして運動しよう

夏に運動をする際には、こまめに水分補給をしましょう。汗をかくということは、身体から水分が失われているということです。そのまま水分が失われ続けると、脱水症状を起こしたり、熱中症になったりする可能性があります。

激しい運動を長時間行い、最後に一気に水分補給をすることもよくありません。夏は非常に水分が失われやすいので、こまめに水分補給をすることが大切なのです。また、ただの水ではなく、スポーツドリンクを飲むことをおすすめします。汗には、水分だけではなく塩分も含まれています。塩分は、身体の機能を保つために必要な成分ですので、水分と一緒に補給しなければなりません。

スポーツドリンクには、汗をかくことで失われやすい成分がバランスよく含まれているので、運動中や運動後の水分補給に最適なのです。

なお、猛暑日は屋外での運動は避けることが大切です。どれだけこまめに水分補給をしていても、とても気温が高い環境で運動をすると、熱中症になってしまう可能性があります。

ダイエットのための食事のポイント

痩せたいのであれば、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多い状態を続ける必要があります。しかし、摂取カロリーを大きく減らしてしまうと、身体が飢餓モードに入って痩せにくくなるので、摂取カロリーをある程度減らしつつ運動で消費カロリーを増やしましょう。

食事では、脂質を多く含む豚バラや牛バラは避け、赤身肉を摂るようにしましょう。赤身肉には、筋肉を作るために必要なタンパク質が多量に含まれているので、ダイエットに最適です。基本は、栄養バランスに優れた食事を摂ることです。肉、魚、野菜をバランス良く摂ることで、体調を崩すことなくダイエットすることができます。

まとめ

夏は代謝が低下しにくいので、ダイエットをするのに向いています。摂取カロリーよりも消費カロリーが多い状況を作り、ダイエットを成功させましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る